​小倉 郎 1951/10/29生まれ

 幼少期を鹿児島県 甑島(こしきじま)で過ごす。'58年小1の夏、上京。'60年からエキストラとして「飢餓海峡」等

数々の現場に通う。'63年 梅宮辰夫氏の紹介で東映児童演劇研修所に入所。

'64年 石原裕次郎主演映画「敗れざる者」で脳腫瘍と闘い最後まで生きる希望を失わない少年を好演、天才子役

と称される。エキストラから56年間、若い頃は「へなちょこ日本一」とまで呼ばれ、気弱な青年ならこの人と言われた。

飄々とした中にどこか暖かい人柄が滲み出るのが持ち味。バラエティでは俳句の先生として呼ばれる程、俳句の

普及にのめり込んでいる。ギター演奏、作詞、作曲、墨絵、吹きガラス、篆刻(てんこく)、書などもたしなみ

​趣味人としても知られる。

 ☆代表作

 

[映画]  「股旅」 市川崑監督(1973)

       「ヒポクラテスたち」 大森一樹監督(1980)

       「大鹿村騒動記」 阪本順治監督(2011)

       「そして父になる」 是枝裕和監督(2012)

[ドラマ] 「冬の雲」 TBS(1970)

      「それぞれの秋」 TBS(1973)

      「ヨイショ」 TBS(1974)

      「俺たちの朝」 NTV(1976)

      「昨夜のカレー,明日のパン」 NHKBS(2014)

​      「富士ファミリー」 NHK(2015)

Copyright(C)since2005
大判社
 All Rights Reserved
 当HPコンテンツの無断複写・転載・配布等を堅く禁じます