山口  1961/12/10生まれ

小さい頃から演じることが大好きで、TVで見た『アタックNO.1』の鮎原こずえ役、『サインはV』のジュン、

サンダース役などしてよく遊んでました。

高校ではESS部で英語劇を。女子高なので、背の高い娘が男役。私はチビだから女の子役。というか部員が

少ないからラッキーなことにいつもヒロイン。「青い鳥」のミチル「ある愛の詩」とか。

大阪芸大舞台芸術学科で演劇の基礎を学び、その後、東京へ進出。大学同期の「ピンクの電話のみやちゃん」と

狛江の銭湯の3階で共同生活。狭いアパートのため、押入れを二段ベットに。もちろん、みやちゃんが下でした。

大谷亮介氏が創った「東京壱組」の旗揚げから解散までの10年間、全作品に出演。ヒロインは余貴美子さん。

私は、いつもなんか変な役がまわってきて…外人(東南アジア人)やら、動物やら、火星人やら…。しかし楽しかった。

とにかく情熱的で、時間を惜しまず稽古をしまくる大谷さん。怒鳴られまくった時代もあるけれど、そのおかげで

面白いものを作る術をたくさん教わりました。今でも一番の師匠です。

着物が好きで、お茶や三味線にのめり込んだりもしてます。

一見、リアリティがないと思いきや、とてもリアリティがある女優、それが山口智恵。

​                                                    (インタビューより抜粋)

 ☆代表作

[TV]   連続テレビ小説「オードリー」 レギュラー NHK(2000)

[映画]  「のど自慢」 井筒和幸監督(1998)

      「アルビノの木」金子雅和監督(2016)

[舞台]  「大漫才」 東京壱組公演(1987)

      「ブレヒト・オペラ」 演出:佐藤信(1999)

      「お隣の脱走兵」 演出:西川信廣(2000)

      「音楽劇 センセイの鞄」 演出:久世光彦(2005)

​      「音楽劇 ぼんち」 演出:マキノノゾミ(2008)

Copyright(C)since2005
大判社
 All Rights Reserved
 当HPコンテンツの無断複写・転載・配布等を堅く禁じます