日井 順三 ​1958/5/9生まれ

巴幼稚園はカソリックだったと思う。

普通の子たちの倍以上の身体だった俺は暴れん坊だった。

毎日、遊具の大きな積み木を奪って大きな城を建てた。

唯一小さな女の子をかばっていたという。

小学校入学式の頃には体重はすでに40キロを超えていた。

相変わらずの乱暴者は嫌われた。誰も遊んでくれなくなった。

本来が寂しがり屋の弱虫なので毎日が辛かった。

そして三年の学芸会では「犬の目」という落語をやり

人を笑わせる喜びを知るようになっていった。

授業中は皆を笑わすために精神を集中させていった馬鹿である。

国語の授業の朗読は大好きだった。

六年の学芸会で「ばんななと殿様」という劇に出演して褒められた。

よし!おら役者になる。と決めたのはその時だ。

高校入試の時の面接官が柔道の担任であり、スポーツ特待生として

スカウトされた。

一年の時の担任が「彼はオリンピック候補です」と紹介した。

しかし練習しなかった。

そして三年の時に「ぎんざNOW 素人コメディアン道場」の

チャンピオンになった。

この時は練習したなあ。

やがて役者も演るようになった。

当時は体重も百三十キロほどあって、相撲取りの役が多かった。

千代の富士、若貴時代のブームだった。

結婚、子育て、離婚とあって

未だに演技のレッスンを受けようとしているのであるが

果たして自分は本当に役者をやりたいのかという

​問いかけの毎日なのでありました。

 ☆代表作

 

[TV]   「さわやか三組」 NHK教育(2001)

       「相棒 Season10」 16話 EX(2012)

       「賢者の愛」 4話 WOWOW(2016)

[舞台]  「熊」 アントン・チェーホフ作 守輪咲良演出(2012)

Copyright(C)since2005
大判社
 All Rights Reserved
 当HPコンテンツの無断複写・転載・配布等を堅く禁じます